ホーム > リハビリテーション > リハビリテーション
リハビリテーション科トップイメージ

リハビリテーション

精神科の患者さんのリハビリテーションが円滑に進むように、多職種がチーム連携し、リハビリテーション医療を行っています。

精神リハビリテーション科

精神科作業療法(OT)は、緑豊かな環境の中で、心身機能の維持・向上を図り、患者さんが社会の中で、自分らしい、より健康的な生活を送れるように、“学ぶ・楽しむ・交流する”といった日常生活の中の様々な活動を用いて、具体的な指導や援助を個別やグループで行っています。

入院作業療法

趣味的活動、健康増進活動、退院準備活動、SST、心理教育、それぞれの患者さんの状態に応じて行っています。

入院作業療法の目的

  1. 心身や心の調子を整えます
    ◦ 生活のリズムを整える ◦ 気分転換やストレス発散を行う ◦ 集中力、持続力の回復
  2. 人付き合いについて学びます
    ◦ 人との交流の機会を増やし、自分の気持ちを上手く伝える練習をする
  3. 地域でのより良い生活のために退院準備を支援します
    ◦ 自分の病気との上手な付き合い方を学ぶ
    ◦ 地域での生活に必要な知識や技術を身につける

活動内容の紹介

  • 趣味的活動 ・・・ 手工芸(革細工、編み物、裁縫、ビーズ細工)園芸など
  • 健康増進活動 ・・・ 運動機能向上プログラム、軽スポーツなど
  • 退院準備活動 ・・・ 心理教育、調理、パソコンなど
  • 対人技能向上活動 ・・・ SST(社会生活技能訓練)、各グループ活動
  • 年間イベント活動 ・・・ スポーツ大会、作品展示会、季節行事(光と土への感謝祭)など

外来作業療法

外来通院の患者さんが個別に作業療法士と相談しながら、1日に2時間程度のプログラムに参加し、社会参加に向けての準備を行う通院リハビリテーションです。

外来作業療法の目的

  • 生活のリズムを整えます。
  • 人との交流の機会を増やし、人付き合いの練習をします。
  • 気分転換し、くつろげる場をつくります。
  • 楽しい体験を通して、趣味をみつけるなど、生活の質を高めます。
  • 自分の生活上の困っている事や、今後の希望などについて、スタッフが個別にサポートします。

ご利用されている方

  • 日中の居場所が見つけにくく、自宅に引きこもりがちな方
  • デイケアに1日6時間、参加することが難しい方
  • 入院中に行っていたOT活動を、退院後も継続したい方

外来作業療法の活動内容および利用

  • 日時
    月曜日・水曜日・金曜日の
    13:00~15:30(うち2時間程度)
    ※週1回からでも参加できます。
  • 種目
    革細工・手工芸(編み物・刺繍etc)・絵画・書道・陶芸など
  • 利用料
    自立支援医療あり 自立支援医療なし
    290円 880円

身体リハビリテーション科

理学療法は、身体に障害のある患者さんに、関節可動域訓練や筋力増強訓練などの運動療法や温熱療法、牽引療法などの物理療法を行います。さらに基本的な動作の起き上がり、歩くなどの運動を通じて、基本的動作能力の回復を目指します。

精神科の患者さんのリハビリテーションが円滑に進むように多職種がチーム連携し、リハビリテーション医療を実施しています。

外来診療時間について

診療時間

平 日/9:00〜17:00
土曜日/9:00〜12:00

受付時間

午 前/8:00〜11:30
午 後/11:30〜16:00

※新患受付は午前11:30まで
※急患はこの限りではありません。

休診日

日曜日、祝祭日・年末年始、開院記念日(3月10日)